戌年を前に、猫の飼育数が犬の飼育数をこえました

数日前のニュースで、猫の飼育数が犬の飼育数を超える。という記事を見かけました。
一般社団法人ペットフード協会というところが調査をしているらしく、私の胸は小躍りしました。
なんでも、猫の飼育数が増えたわけではなく横ばいで、犬の飼育数が減ったらしいのです。
何故でしょう。
どうした犬派さんたち。
猫が勝ったのは嬉しいけど、決して表舞台に出たいわけではないんですよ、猫も猫派の飼い主も。
そこが犬派と違うところなんだろうなあ。

真面目な記事によると、少子高齢化が進み飼い主に高齢者が増えた。
犬は毎日の散歩が大変、予防接種が大変、猫より手間がかかる。
という理由から、犬を諦め、猫を飼う高齢者が増えているのだとか。

なんか複雑な気分。

ほんとは犬が飼いたいのね。

そうなんですね。

まあ高齢者にしてみれば、犬の方が可愛いでしょうね。
擦り寄ってきてくれますしね。

犬猫業界では、戌年を前に猫が逆転した、と話題をかっさらっているようですが、協会によると「犬の減少傾向は当面続くだろう」と弱腰姿勢です。

がんばれ、猫。ベルタ 葉酸 変わっ た