現代の子供たちは習い事が多すぎて忙しそうだ

 今は昔と違って、子供たちの習い事の総数が本当に多いように感じます。自分が小さい位は、メインにピアノ(5年齢から18年齢位まで)、あとはそろばん3世代くらい習っていた程でした。我が家の子供たちは、小学生2年生のこどもは体操と通信教育、年中の三男は体操とイングリッシュ(本格的なものではなく、群れ的感じです)を個人習っています。はじめウィークそれだけで精一杯で、長女は体操さえ習っていればそれで幸福といった感じです。
 しかし、子供達の周りの知人を見てみると、どの人も決して何かしらの習い事をしていて一種ふたつは必須、中には一年中習い事をやる人も少なくありません。そのオールは坊やがやりたいと言い出して始めたのか、両親がやらせたくて習わせたのか分りませんが、一年中忙しそうですなぁと思ってしまう。建物は、自分が出無精なのもあり、習い事の送迎の事を考えるともうこれでいっぱいなのです。習い事もいいけれど、むしろ坊やは出先で元気に遊ぶ時間も大切だと想う今日だ。いぶきの実 購入